校長メッセージ

 校長  岡田 哲朗

本校は明治44年(1911年)に校祖 井尻 艶太先生が創設され、本年で創立110年の節目の年を迎えます。同窓生は2万3千人を超え、地元地域の経済界はもとより、全国各地、世界各地で活躍されています。校訓は「忍耐し努力せよ 個性を磨き、我が道を行く」という内容です。そして、生徒が日常心得るべき信条を、「報恩感謝」「一心不乱」「早出晩退」と定めています。
現在、経済社会は数年先が予測できない激動の社会で、AIやIoT、ロボティクスなどが社会へ浸透するSociety5.0といわれる社会を迎えようとする中ですが、本校では人としての基本である、「周囲への感謝の念を常に持ち、謙虚で真摯な姿勢で物事に精励する」ことを教育の基本として人材育成に取り組んでいます。

2021年度、創立110年の記念すべき本年度の学校経営目標を、「生徒一人ひとりが社会の構成者として全人的に成長することで、学校の知名度・好感度を図る」という内容に設定し、地域から信頼され、選ばれる学校を目指しています。特に重点目標として次の3つの力の育成を目指します。
1 学び続ける力の育成
2 未来を切り開く力の育成
3 他者と協働できる力の育成

少子高齢化に歯止めがかからないグローバル社会の渦中の中で、本校は地域に信頼され、地域の活性化に貢献し、地域社会から評価される学校を目指します。